Abstract

平面光学デバイスを作製するのに有用なフッ素化重合性化合物であり、少なくとも1つのフッ素化アルキレンまたはアルキレンエーテル部分、および少なくとも2つの末端アクリレート部分を含み、各末端アクリレート部分がエステル結合基によって、フッ素化アルキレンまたはフッ素化アルキレンエーテル部分の1つに結合されている。本発明のフッ素化重合性化合物またはマクロマーは、ガラス繊維の導波路の屈折率に匹敵する屈折率を示し、しかも吸収損失が非常に低い光学成分を形成するのに有用である。光学成分を調製するのに好適な重合性組成物は、本発明のマクロマーと光開始剤を組合せることによって調製することができる。所望により、従来の光学成分用モノマーも使用することができる。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2002069037-AMarch 08, 2002Nippon Mektron Ltd, 日本メクトロン株式会社含フッ素ポリエーテルカルボン酸エステル
      JP-2003502718-AJanuary 21, 2003コーニング インコーポレイテッド放射線硬化性フッ素化組成物から作製された光デバイス
      JP-H01278507-ANovember 08, 1989Asahi Chem Ind Co LtdOxygen permeable resin composition
      JP-H05247142-ASeptember 24, 1993Polaroid Corp, ポラロイド コーポレイションCopolymer having photopolymerizable group, composition containing the same, and process for cladding optical fiber with the composition
      JP-H1180312-AMarch 26, 1999Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社Perfluoropolyoxyalkyl compound, coating material for antireflection film and low reflecting material using the coating material
      JP-S59191721-AOctober 30, 1984Minnesota Mining & MfgManufacture of diacrylate compound

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle