Abstract

本発明は、ポリアレーンアゾール繊維からカチオンを除去する方法に関する。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2001011311-AJanuary 16, 2001Toyobo Co Ltd, 東洋紡績株式会社Light-resistant polybenzazol composition, its fiber and film
      JP-2002129467-AMay 09, 2002Nippon Aramido Kk, 日本アラミド有限会社Method for reducing ionic substance content of para- aromatic polyamide fiber
      JP-2003201625-AJuly 18, 2003Nitto Denko Corp, Toyobo Co Ltd, 日東電工株式会社, 東洋紡績株式会社Polybenzazole fiber and method for producing the same
      JP-H08170222-AJuly 02, 1996Toyobo Co Ltd, 東洋紡績株式会社Production of polybenzazole fiber
      JP-H08170295-AJuly 02, 1996Kuraray Co Ltd, 株式会社クラレHeat-resistant sheet
      JP-H11228820-AAugust 24, 1999Toyobo Co Ltd, 東洋紡績株式会社ポリベンザゾール組成物、繊維およびフィルム

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (3)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2015504986-AFebruary 16, 2015イー・アイ・デュポン・ドウ・ヌムール・アンド・カンパニーE.I.Du Pont De Nemours And Company, イー・アイ・デュポン・ドウ・ヌムール・アンド・カンパニーE.I.Du Pont De Nemours And Companyイオン結合したハライドを有する硫黄およびアルカリ金属含有イミダゾール繊維
      JP-2015508459-AMarch 19, 2015イー・アイ・デュポン・ドウ・ヌムール・アンド・カンパニーE.I.Du Pont De Nemours And Company, イー・アイ・デュポン・ドウ・ヌムール・アンド・カンパニーE.I.Du Pont De Nemours And Companyハロゲン酸イオン交換を用いる繊維から硫黄を除去する方法
      JP-2015510046-AApril 02, 2015イー・アイ・デュポン・ドウ・ヌムール・アンド・カンパニーE.I.Du Pont De Nemours And Company, イー・アイ・デュポン・ドウ・ヌムール・アンド・カンパニーE.I.Du Pont De Nemours And Company水性酸を用いて繊維から硫黄を除去する方法